つなぐ書店の取り組み

つなぐくん
つなぐくん

つなぐ書店の活動をご紹介します!

つなぐ書店の活動

放課後等デイサービスを運営しています

つなぐ書店を運営している株式会社ハートアップは、放課後等デイサービス※の「未来発達塾カラーズ、サッカー療育のカラーズFC」を経営しており、主に発達障害に悩む約150名ほどの小学生から高校生のお子様をお預かりしています。

せんせい
せんせい

※放課後等デイサービスとは、障害を持つ子どもたちを放課後や学校の休日にお預かりし、様々なアクティビティに挑戦することで成長を促す施設です。

放課後等デイサービスでたくさんのお子様をお預かりしていると、「発達障害に悩む子どもたちの卒業後の就労」について非常に根深い問題があることがわかりました。

発達障害を持つ人は社会人になってからも、その特性や社会での理解不足が原因で様々な壁にぶつかることにより退職を余儀なくされたり、引きこもってしまったりすることが非常に多い現状があります。

放課後等デイサービスを卒業した後の仕事選びで、発達障害に理解のある職場はごくわずか。
結局、「就労支援施設※」に頼るケースがほとんどです。

せんせい
せんせい

※就労支援施設とは、障害者の働く場を確保するとともに、自立や社会参加に向け、知識や能力を向上させるための訓練を行う施設です。

 

障害者総合支援法に基づき、一般の従業員を雇うのと同様に雇用契約を結ぶかどうかや賃金などによって、「就労移行支援」「就労継続支援(A・B型)」に分かれています。

 

就労継続支援B型の場合、月の平均工賃は15,000円前後と少なく、自立した生活を送るには難しい金額です。

つなぐ書店は働きやすい職場を作ります

つなぐ書店は、放課後デイサービスを卒業した子どもたちが働く受け皿として、

「発達障害がある方でも気持ちよく働ける環境を作りたい!」

という発想から生まれ、2018年7月に開業しました。

放課後デイサービスの卒業生以外からも雇用の受け入れており、

一般の企業で働き辛さを感じている方々の雇用機会を最大限に創生するチャレンジをしています。

働きやすい環境づくり

構造化した作業場

つなぐ書店は、発達障害が原因で「一般の企業では馴染めなかった方や就労に不安を持った方でも気持ちよく働ける環境」の徹底に努めています。

刺激に敏感な発達障害の方の特性を理解した上で、支援に必要な環境整備、環境調整を行います。

「構造化」で環境を整える

つなぐ書店の仕事場では、カーテンが付いた個室やタイマーを設け、1人1人が仕事に集中しやすい環境を「構造化」と呼ばれる手法で整えています。

カーテンの付いた個室のような「物理的な構造化」、タイマーで時間を管理する「スケジュールの構造化」、その他、作業のルーティーン、ワークシステムの整備などを行います。

物理的な構造化では、集団での作業が苦手な人のために個室を確保し、隣の人が気にならない環境を作ります。

その他、タイマーやヘッドホンなどを活用し、さまざまな刺激に敏感な方でも快適に作業できるようにしています。

古本寄付のお願い

つなぐくん
つなぐくん

「不要になった本」

の寄付をお願いします

つなぐ書店では読み終わった本、処分する予定の本の寄付を募っています。

つなぐ書店は、一般の就労支援施設とは違い、国からの助成金や補助金(税金)を利用せずに古本販売での収益のみで運営をしていく所存です。

国の保護で暮らしていく人を減らし、反対に納税者を多く輩出することがつなぐ書店の使命だと考えております。

その使命を実現していくためには、本の循環システムの構築と同時に皆様のご協力が必要なのが実情です。

現在、久留米市、鳥栖市、筑紫野市、太宰府市、大阪市等の公共施設や医院、個人商店などに古本の回収ボックスを設置させて頂いております。

その他、全国の皆様から「着払い」での郵送で寄付本の受付をしています。

読み終わった本、捨てる予定の本などがございましたら、是非、着払い郵送での寄付をお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました